TAX GUIDE税金ガイド

売却するときの税金

不動産を売却したことによる売却益(譲渡所得)に対して、所得税・住民税が課税されます。
実際に所有していた期間のほか、相続・贈与で引き継いだ土地建物は前の所有者の所有期間をそのまま引き継ぐことができます。 また、固定資産の交換で取得した不動産や、収用の代替資産も前の不動産の所有期間を引き継ぐことができます。

所得税、住民税がかかりますが、3,000万円の特別控除や
買い替え特例などの有利な制度が利用できます。

マイホームを売るとき、買い替えるときの譲渡所得税・住民税

01 3,000万円の特別控除

(売却代金ー土地建物の取得費ー譲渡費用−3,000万円)
×
税率

02 買い替え特例

03 2つの住宅譲渡損失の繰越控除の特例

01 5年超のマイホームを買い替える際に生じた譲渡損失が他の所得との損益通算後、
なお赤字の場合に、翌年以降、3年間繰越控除できる。
02 5年超のマイホームを譲渡する際に生じた譲渡損失のうち、
住宅ローン残債がマイホームの売却代金を超えている場合に限り、その差額を限度として損益通算でき、
なお赤字が残ると翌年以降3年間繰越控除できる。

特例が受けられるマイホームとは

【1】現に居住している住まい
【2】住まなくなって3年目の12月31日までに売却した住まい
【3】留守家族の住む住まい
【4】災害から3年目の12月31日までに売却した住宅跡地

■特例を受けるには確定申告が必要です。
■譲渡の相手が配偶者や直系血族などの場合や前年、前々年にこの控除・特例を受けているケースでは控除・特例を受けられません。
売却の無料相談はこちらから
お電話でのご相談はこちら
お電話でのご相談はこちら

お気軽にご相談ください。
お話をうかがいお答えします。

078-381-7237
メールでのご相談はこちら
メールでのご相談はこちら

24時間受付です。クリックで
問い合わせフォームが起動します。

お問い合わせ